堅実な資産投資

住宅模型

不動産投資は売却と賃料を得る方法の2種類があります。不動産価格の変動は急激ではないので、失敗の少ない資産投資だとされています。賃料を得る方法は失敗のリスクがありますが、サポートしてくれる会社があるのでリスクは軽減できます。不動産購入にはローンが利用できるので、少額の資金でも始められます。

賃貸経営の新しい常識

マネー

家賃保証会社とは賃貸物件の入居者が家賃滞納をした際、代わりに家賃を支払い、回収も独自に行う会社のことです。連帯保証人よりも信頼性が高いので、連帯保証人がいても契約を入居条件にしているケースは増えています。家賃保証会社は独自に審査を行いますが、そのことが物件のトラブル回避に役立つという側面もあります。

再販を考えた価格の決定

お金

魅力的な物件にする仕組み

収益物件の買取では通常は媒介による売却に比べると価格は低めになります。在庫リスクを負うことになる分だけ利益幅を大きく取っていることはよくありますが、買取価格を決定する仕組みを理解すると合理的な価格設定になっていることがわかるでしょう。業者が収益物件を買取したときには、再び収益物件として市場に乗せて売ることにより利益を得ます。しかし、買取を依頼される収益物件の多くはそのままでは買い手が見つかりにくい物件であり、市場に出す前に魅力的な物件にしなければなりません。そのため、買取価格を決定する上では次のようなプロセスを経ています。まず、物件の査定と周辺地域での賃貸物件の需要の調査を行うのが一般的です。そして、その物件を再販できるようにリノベーションやリフォームする方針を決めます。その結果としてできあがる新しい収益物件の価値を見定めて想定される販売価格を確定し、そこからリノベーションなどにかかる費用を引き去るのです。その金額が買取価格にできる上限額であり、さらに利益分を考慮して買取価格として提示しています。魅力的な物件に作り変えることができなければ買い取った業者は損をする一方です。その費用を売主に要求していると考えると良いでしょう。リノベーションなどの方針によってかかる価格も想定される販売価格も異なるため、業者によって買取価格は変わります。どのような計画を立てているかを具体的に聞いて、価格が妥当かを確認してみると良いでしょう。

立地や物件価値を考えて

積み木

賃貸物件を経営する人にとって、家賃は自分の利益になります。その為、できるだけ利益に繋がるように家賃の価格を設定するでしょう。ですが、この家賃の価格設定を間違えてしまうと経営が失敗する可能性がありますので家賃相場を調べてから決めることをおすすめします。