賃貸経営の新しい常識

マネー

賃貸経営に安定をもたらす

家賃保証会社とは、賃貸物件の入居者に家賃滞納があった場合、入居者に代わり支払うことを業務にしている会社のことです。代わりに支払った分は独自に入居者から回収しますから、入居者が家賃保証会社と契約すれば、賃貸経営者側にとってして家賃滞納問題から解放されることになります。もっとも、連帯保証人がいれば、家賃保証会社は不要です。なぜなら、連帯保証人が家賃保証をする立場にあるからです。しかし、連帯保証人とは名ばかりで、その責務を拒む人がいることも考えられますし、また、経済的な理由から責務を果たせない人がいることも考えられます。もちろん、正当性は賃貸経営者側にありますから、法的な手段等を講じれば良いのですが、そうすることは手間暇がかかることですし、心理的な負担もかかることです。従って、連帯保証人がいたとしても、家賃保証会社との契約を入居の条件にしているケースは近年、増えています。家賃保証会社は入居者と契約する際、独自に審査を行います。家賃保証はしますが、実際に家賃を滞納されては困りますから、当然のことです。家賃を滞納する人というのは何らかのトラブルを抱えている可能性が高く、そのトラブルは物件にまで及んでしまう可能性があります。そうなると、物件の評判が落ちてしまうことも考えられ、賃貸経営が立ち行かなくなることも考えられます。しかし、家賃保証会社も入居者の審査を行ってくれれば、そういったリスクは軽減されますから、その点においても、家賃保証会社を利用することは有意義だと言えます。